タイのアルコール販売

暑いタイ。昼間の観光からホテルに戻って一服。。冷たいビールを飲もうと考えて立ち寄ったコンビニ。しかし、あなたがビールを買う前に、まずこれらの面白い法律について学んでください!

日本みたいにいつでも売ってるわけでない

タイでは、

  • 午後2時から5時
  • 午前0時から午前11時

の間アルコール飲料を販売することができません。

また、タイは仏教国であるため、ブッダを尊重している休日は禁酒日とされています。バーやレストランでもアルコールを販売することは合法ではありません。
たまに小さな店で、ビールを紙コップにいれてこっそり提供されている場合はありますが。。。

休日ではありませんが、選挙の日も禁酒日です。実際、選挙日の酒類法は、多くの場合、ブッダの休日より厳格です。これは、投票の前後にアルコールを禁止することで、選挙が適切かつ正直に行われるようにするためです。アルコールの禁止はしばしば(必ずしもそうではないが)選挙の前日の午後6時から開始され、深夜または選挙日の終わりに終了します。

休日・禁酒日カレンダー(下の方のpdf)by タイ国政府観光庁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です