【バンコク】人気観光スポット7選|タイ旅行おすすめ情報ガイド

こんにちは!タイのバンコクの人気観光スポットを7つまとめました。
今後も次々と動画をアップしていきますので、よろしければチャンネル登録をお願いします!https://www.youtube.com/channel/UCkdxGVx2GtME0APK74qGK7A

海外の観光名所が見たい方、旅行予定のある方に役立ててもらえたらうれしいです。もし声が聞き取りにくい場合には、以下の文章を参考にしてください。字幕ボタンを押すことで、お好みで日本語字幕を出すこともできますので、ぜひ活用してください。

—————————————

バンコク(Bangkok, Thailand)
東南アジアにあるタイ王国の首都バンコクは、世界一の観光都市とも言われ、外国人が最も旅行する都市とされています。儀式的な正式名称は非常に長いため、バンコクではなく現地では略してクルンテープと呼ばれています。見所満載のバンコクの観光スポットの中でも、とくに見逃せない7つの名所を紹介します。

7位 ルンピニー公園 
バンコク市内にある、広大な敷地の公園です。人や車の多いバンコクで自然に囲まれながら、のんびり過ごせる場所で、市民の憩いの場になっています。

6位 カオサン通り 
タイらしいレストランやショップが立ち並ぶストリートです。ホテルやゲストハウスも多く、バックパッカーが集まるエリアでもあります。

5位 エラワン廟 
タオマハープロムと呼ばれ、バンコク最大のパワースポットです。ヒンドゥー教の神様であるブラフマーが祀られていて、国民の95パーセントが仏教徒にも関わらず、多くの参拝者で賑わっています。繁華街であるサイアム・スクエアの近くに位置し、そばには日系デパートもあります。

4位 水上マーケット 
商売船が品物を乗せて水路を移動するマーケットで、タイの伝統文化の一つです。ここでは船で買い物をするだけでなく、ローカルフードを堪能できます。バンコクの周りに複数あり、近くてアクセスが容易なタリンチャン水上マーケットがおすすめです。

3位 ワット・プラケオ 
エメラルド寺院とも呼ばれ、バンコク三大寺院の一つです。王室専用として建立された王宮寺院であり、タイ王宮の敷地内に位置しています。ここには数多くの巨大な仏塔が建てられていて、金箔で装飾された豪華な寺院や宮殿があります。また壁には建物を支えるように像が並んでいます。

2位 ワット・アルン 
バンコク市内を流れるチャオプラヤー川沿いにあり、暁の寺を意味します。中心の75メートルの仏塔の周りに一回り小さいものが4基あり、また仏像が120体並んだ回廊も見所です。渡し舟を使えば5分ほどで、お寺のある対岸までアクセスできます。

1位 ワット・ポー 
この涅槃寺は、数多くの寺院があるバンコクでも最大の敷地面積を誇ります。礼拝堂には写真に入りきらないほど巨大な、全長50メートルほどの寝釈迦仏があり、その堂々たる寝姿はまさに衝撃的です。本堂には合計150体もの仏像が安置されていて、外には色とりどりの仏塔が配置されています。さらにワット・ポーはタイ式マッサージの総本山でもあり、マッサージをしている像も複数見つけることができるでしょう。

タイ王国のバンコクにある7つの定番スポットを紹介しました。仏教国であるバンコク旅行といえばワット・ポー、ワット・アルン、ワット・プラケオの三大寺院を含む数々の広くて豪華なお寺巡りが観光の目玉となるでしょう。それに加えて独創的なマーケットでタイ特有の雰囲気を感じながらお土産探しや食べ歩きをするのも醍醐味であり、バンコク市内だけでなく、お店のギリギリを電車が通過する傘たたみ市場であるメークロン線路市場など、周辺エリアにも足を運ぶことをおすすめします。

フリー画像素材:https://pixabay.com
フリーBGM素材:https://dova-s.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA